『内閣支持率10ポイント以上急落の衝撃』ネットに広がる 「岸田首相、これが現実です」憤りのいっぽう、矛先は野党にも

TBSテレビのニュースサイトが11日、同社のニュースネットワークJNNが5日に報じた世論調査の結果、岸田内閣の支持率が前月比10.5%減の29.1%に急落した背景を「『今は何をやっても裏目内閣支持率10ポイント以上急落の衝撃」のタイトルで分析。X(旧ツイッター)では「内閣支持率10ポイント以上急落の衝撃」がトレンド入りした。

 

ありがたくない「増税メガネ」のあだ名が贈られる岸田首相は、10月26日になって所得税・住民税の定額減税を来年6月に実施すると表明。しかし、その後に行われた各メディアの調査でも支持率が軒並み低下、20%台の結果も相次いでいる。

X(旧ツイッター)では「岸田首相、これが現実です」「岸田文雄経世済民をしていない」「物価高に苦しむ多くの国民が望んでいるのは『消費税減税』」「何をやっても駄目ではなくて、国民が理解できない事ばかりやるから」「お金を海外にばら撒いて、息子を手元で好き勝手やらせて、自分らの給料はしっかり賃上げして庶民には金を搾り取る…苦しめてばっか」「岸田総理は嫌いじゃないけど、もう限界なのかなぁ。増税メガネって叩かれるけど頑張ってると思うよ」など、怒りや憤りを中心とした声が飛びかう。

 ただ、矛先は政権や与党だけでなく、「この状況で政権交代は5年後とか寝言を言う政治家は我々国民の生活を守る気がない」と野党第1党の立憲民主党泉健太代表の発言に対する厳しい指摘も上がった。

結婚の条件: 人生の幸福

前立腺の最新医療

日本の安全保障

room.rakuten.co.jp

px.a8.net

px.a8.net